病院

腰椎椎間板ヘルニアを克服する治療~ビリビリ解消~

骨を大事にする心がけ

看護師

骨がもろくなってしまう骨粗鬆症ではカルシウムやビタミンDの補給をする食事療法や治療薬を用いた治療が行われていきます。その際にはサプリメントを使用してビタミンやミネラル、骨代謝を促進する成分などの補充するとサポートとなります。

詳細を読む

脊柱管に生じる痛み

医者

脊柱管狭窄症はしゃがんで背中を丸くすると楽になるのが特徴であり、中高年に多く太ももからふくらはぎ等に痛みが出ます。治療や予防目的のため、今後は弾力アップのためのプロテオグリカンや、筋肉生成のための栄養成分の配合が期待されています。

詳細を読む

解消しよう

植物

年配の女性に訪れる問題が更年期障害であり、これに該当する症状はたくさんあります。そのため、常日頃から体を動かすことが大事なこととされています。またこれは度合いも人により違うため、そこに気を配ることや治療が必要です。

詳細を読む

痛みや痺れを伴う腰痛

医者

腰痛の豆知識

慢性的な痛みを伴う腰痛は一度痛みを発症すると簡単には引かず、数カ月から数年と長引く場合があります。また腰痛は痛みの原因が特定できる特異的腰痛と、特定できない非特異的腰痛があります。腰痛には外部要因の他にも、心理的ストレスや疲労、背骨や内臓の病気等が原因となる腰痛もあります。座っていると楽になる腰痛もあったり、寝ている間に痛みが増大する腰痛もあるため、見極めが難しい痛みです。特異的腰痛には腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折や感染症による腰痛が上げられます。腰痛の多くは原因が特定されず、レントゲン画像検査でも痛みが出る人とそうでない人がいます。特定できない腰痛には筋肉の衰えが原因で発症する場合もあるため、筋肉や関節を鍛える事で痛みが改善できます。

これからの動向

腰椎椎間板ヘルニアは激しい運動等で椎間板に圧力がかかり、繊維輪に亀裂が入る事で髄核が飛び出します。それにより神経を圧迫するため、痛みや痺れを発症し、進行すると歩行困難になる腰痛です。腰椎椎間板ヘルニアは早期治療が大切な腰痛ですが、日常の何気ない動作で発症する事が多く、あらゆる作業は慎重に行う事が求められます。腰椎椎間板ヘルニアは加齢が原因でも起こりやすい腰痛なので、今後は更に患者が増えると予測されます。腰椎椎間板ヘルニアの治療は痛みを引き起こす原因を抑える必要があるため、神経圧迫を元に戻す必要があります。治療ではプロテオグリガンを用いて弾力性を保ち、軟骨再生を促進させます。日本は目覚ましく発展する医療技術大国でもあるため、腰椎椎間板ヘルニアの新たな治療が期待されています。